注文住宅は設計図完成までが長い道のり

マイホームを西多摩でリフォームするのならば、こだわりたいのなら1年以上はかかると思っておいてもいいでしょう。その前に、焦ってマイホームを建ててもろくなことになりませんから。いや、「ろくなことになりません」とは一概には言い切れませんけれど、しかし注文住宅だからこそ細部までじっくりと納得いくものに仕上げた方がいいのです。ですからこそ、期間は長めにとっておくのがいいのです。

とは言っても、注文住宅を建ててくれる工務店側の仕事が遅いわけではないのですよね。むしろ、工務店側は仕事が早いという場合が多いのです。依頼者からの要望を聞いて、それを元に設計図を作っていくのです。そして設計図は打ち合わせの翌々日にはできていたりすることも、珍しいことではありませんからね。

しかしそれでは、何にそんなに時間がかかるのかと言いますと、それは「依頼者の希望をまとめる作業」にやたらと時間がかかってしまうのです。住宅設備選びひとつをとっても、ショールームで現物を見て決めたいものですし、間取りにしても本当にこれでいいのかあれこれと頭で考えますからね。

ですから依頼者側が「次の要望」を出すまでに時間がかかってしまって、それで注文住宅の完成はずるずると遅くなることもよくある話ですので。ですから、注文住宅でマイホームを建てる場合は、完成までの期間を長めに考えておくと焦ることなくいいのです。

家族の10年間を想定しましょう

家を建てる際に掲げたキーワードは、シンプルです。我が家にはおしゃれな作りの部屋は一切ありません。何故なら、妻と共働きで、二人の子供がいますが、スポーツに塾に忙しく、家族皆で過ごすのは休日だけ、しかも殆ど外出してます。

実際には、夕食から就寝迄の時間しか家の中で過ごすことはありません。そこでまず、一番に考慮したのが、家事導線と生活に必要のない物は作らない、置かない事。良く言えばシンプル・イズ・ベスト。悪く言えばただ、だだっ広い間取り。共働きで有るがゆえに、掃除に手間がかからない作りにする事。もちろん各部屋には段差なし。一階にはかなり広いリビングと、4.5畳の座敷兼寝室と、キッチン、風呂、トイレとどこにでもある普通の間取りです。

リビングはかなり広く取りましたが、在るのはダイニングテーブルだけです。下手に段差や決め細かな間取りにしてないおかげで、お掃除ロボットが大活躍です。全ての部屋の戸を開けておけば、ほぼ完璧に仕事を終え自分で元に戻っています。

また、大分市に注文住宅の家を建てると決めた一つの原因?子供の成長です。子供はやんちゃ盛りの男の子二人。家の中でも暴れ回ったり、お菓子こぼしたり。だからソファー何かもっての他置きまさせん。リビングから座敷はしきり戸一枚で繋がっているので、戸を開ければかなりの広さを感じます。そりゃ子供も暴れます。しつけが悪いのかな?でも、これも計算ずくです。前に住んでいた借家はかなり狭かったので、自由に遊ばせたいという願いもあったからです。

小学生の子供も10年立てば、落ち着くでしょうし、15年立てば、一人立ちし、家を出ていくでしょう。そこから、その環境に合った間取りに変更しても良いのかなと、リフォーム覚悟の家造りをしました。その代わり、基礎となる部分にはしっかりお金をかけました。土地と、最低条件の生活環境を購入した感じでしょうか。他の方とは違う我が家の逆転発想な家造りを紹介いたしました。

建売住宅は隣が近いです

知りませんでした。こんなにも近いものだったのです。私達家族は今日、近所にできた素敵な建売住宅を見学しました。是非ここに住みたいと思ったのです。ずっと通っている道沿いに会ったので、とても便利の良い場所だと思っていたのです。

今まで狭いアパート暮らしだったので、こんな大きな家に住むのが夢だったのです。建売住宅なので注文住宅よりも安いのです。だから見学に来ました。

相模原市の工務店でウッドデッキの施工をお願いしようと思っていたのですが、庭が狭く、車も三台は止めれます。ベランダはないですが大きな窓がありました。ここに決めようと思っていました。でも気になる点が一つありました。それは隣と近すぎるという事なのです。

窓を開けて手を伸ばせば、隣の家の外壁に手がつきます。そして窓があったら丸見えなのです。とても良く見えました。正直言ってプライバシーの問題なのです。そう思ったらここには住めないかもしれません。

購入する予定で見学をしたのです。それなのにやはり考えさせられる事が出てきました。もう少し考えたいです。

資産価値のある中古住宅で人生設計

10年前30代後半のとき中古住宅を購入しました。熊本市でのハウスメーカー探しのきっかけは主人の入っている生保レディーの訪問で、生命保険の内容をこのまま更新すると今の倍以上の金額になるということが解ったからです。もともと節約志向でお金の管理もきちんとしていましたが、今日明日の節約だけではなく、10年後、20年後までかかるお金についても、もっとよく考えていかないといけないとその時強く思いました。将来大きなお金が必要になって売却時のことを考えて、資産価値ということを一番に主要地下鉄駅から徒歩圏内で築15年の中古住宅を選びました。土地はそれなりに高額だったのですが、建物は一般に築年数でひとくくりに値段がつけられているようで新築の半分くらいの値段で買えました。中堅の住宅メーカーで建てられているということもあって、築15年は古いとは感じませんでした。それから10年間住んだので、もし賃貸住宅に住み続けたと考えたとしても建物だけの元は充分取れました。住宅購入後は、団体信用保険に加入するので、主人に何かあった時は残りのローンは安心ですし、生命保険の設定金額も減らせるので、大変満足しています。一つだけ小さな後悔を上げるとすれば、友人宅の新築のお祝いに伺った時ですね。ほんの一瞬だけですけど。

中古住宅に対するリフォームと費用面のメリット

住宅物件に対しては、たまに工事が検討されています。長らく使い込んだ住宅に対して、それが検討される事もあるのです。
そもそも住宅は、長く使い込めば老朽化も生じるでしょう。それではあまり住み心地が良くないので、取りあえずリフォーム等を行う事例も目立ちます。そして、実はそれは住宅に関する費用にも大きく関わってくる訳です。
そもそも費用などは、住宅を購入する時にはまず間違いなく大切なポイントになります。できるだけそれを節約したいと思う事もあるでしょう。
そういった時には、中古住宅という選択肢が浮上します。少なくとも新築と比べれば、明らかに購入価格が低めなのです。
ただそのままの状態では、上記でも触れた老朽化が懸念されますから、リフォームを行うケースも多々あります。それで新築同様の状態にして、住宅に居住するケースもある訳です。新築を新規で購入する方法と比べると、かなり節約できる場合があります。
したがって費用節約を考えているなら、ちょっと中古リフォーム等を検討すると良いでしょう。

PR|http://www.yoko-kensetsu.com/present/|

建売り住宅なら好立地条件が狙える?

建売り住宅は一から家を決められないのでそこがデメリットと捉える方もいますが、実はあまり知られていないメリットがあります。それは、好立地条件の土地に住めるということ。

家を建てても売れないとなれば不動産会社は大損です。それを回避するためにはまず、好立地を手に入れなければなりません。内装や家具、大阪市の一点ものの造作家具などインテリアは後からいくらでも変えることができます。駅から近かったり、バス停があったりと、交通の便が良いところに建売り住宅は建ちます。これなら注文住宅でなくても買い手が見つかります。
また、商売ですから素人に土地が見つかる前に良い土地を手に入れていることが多いです。情報がまわる前におさえるので、建売り住宅を狙っているならそこは嬉しいところでしょう。

こんな良い土地、きっと見つけるのに苦労したんだろうなと思っていると、意外にそれは建売り住宅だったりします。
快適な暮らしを送りたいなら家そのものも大切ですが、周りの環境も同じくらい大切です。どんな豪邸に住んでも周りが原っぱだったら?コンビニくらい欲しいですよね。