注文住宅は設計図完成までが長い道のり

マイホームを注文住宅で建てるのならば、こだわりたいのなら1年以上はかかると思っておいてもいいでしょう。その前に、焦ってマイホームを建ててもろくなことになりませんから。いや、「ろくなことになりません」とは一概には言い切れませんけれど、しかし注文住宅だからこそ細部までじっくりと納得いくものに仕上げた方がいいのです。ですからこそ、期間は長めにとっておくのがいいのです。

とは言っても、注文住宅を建ててくれる工務店側の仕事が遅いわけではないのですよね。むしろ、工務店側は仕事が早いという場合が多いのです。依頼者からの要望を聞いて、それを元に設計図を作っていくのです。そして設計図は打ち合わせの翌々日にはできていたりすることも、珍しいことではありませんからね。

しかしそれでは、何にそんなに時間がかかるのかと言いますと、それは「依頼者の希望をまとめる作業」にやたらと時間がかかってしまうのです。住宅設備選びひとつをとっても、ショールームで現物を見て決めたいものですし、間取りにしても本当にこれでいいのかあれこれと頭で考えますからね。

ですから依頼者側が「次の要望」を出すまでに時間がかかってしまって、それで注文住宅の完成はずるずると遅くなることもよくある話ですので。ですから、注文住宅でマイホームを建てる場合は、完成までの期間を長めに考えておくと焦ることなくいいのです。