外壁建材としてのALC

外壁建材としてのALC(軽量気泡コンクリート)の主要メーカー

今回は外壁建材の情報について話していきます。
前回旭化成建材株式会社さんのALCパワーボードを紹介しました。
今回は、ALCの主要メーカーを紹介します。
現在、日本のALCの主要メーカーは、住友金属鉱山シポレックス株式会社、旭化成建材株式会社、クリオン株式会社の3つの会社が主要なメーカーになります。
住友金属鉱山シポレックス株式会社は、ALCを日本で初めて導入した会社です。シポレックスという製品名で出しています。旭建材株式会社はヘーベルという製品名です。前回紹介した、パワーボードはヘーベルパワーボードという製品名で、ヘーベルという製品の一部なようです。クリオン株式会社はクリオンという製品名でそれぞれ売り出しています。
ALCの寸法は、幅が600㎜、長さが3000㎜が標準寸法で、厚さが50㎜のものは、長さが2000㎜になります。厚みが、最小で35㎜、最大で150㎜まであり、厚みがあればあるほど防火性は高くなり、また施工用途が変わってきます。35㎜、37㎜、50㎜は燃えない木材としての位置づけで木造用で使われ、80㎜、100㎜、120㎜、150㎜の厚みのものは、中高層建築物の屋根・外壁・床板・間仕切り壁などで使用されています。
厚み50㎜のものは、コーナーの角が取れているため、施工後コーキングで埋めるそうです。

seoリンク|心の童話|PageRankExpolreオ|相互リンク募集中|MY2-Link|相互リンク募集サイト|驚愕頭部|ページランク別相互リンク集|童話集|オーディオ|SEO|全身脱毛どこがいい|相互リンク|全身脱毛 どこがいい|JALカード|