資産価値のある中古住宅で人生設計

10年前30代後半のとき中古住宅を購入しました。住宅探しのきっかけは主人の入っている生保レディーの訪問で、生命保険の内容をこのまま更新すると今の倍以上の金額になるということが解ったからです。もともと節約志向でお金の管理もきちんとしていましたが、今日明日の節約だけではなく、10年後、20年後までかかるお金についても、もっとよく考えていかないといけないとその時強く思いました。将来大きなお金が必要になって売却時のことを考えて、資産価値ということを一番に主要地下鉄駅から徒歩圏内で築15年の中古住宅を選びました。土地はそれなりに高額だったのですが、建物は一般に築年数でひとくくりに値段がつけられているようで新築の半分くらいの値段で買えました。中堅の住宅メーカーで建てられているということもあって、築15年は古いとは感じませんでした。それから10年間住んだので、もし賃貸住宅に住み続けたと考えたとしても建物だけの元は充分取れました。住宅購入後は、団体信用保険に加入するので、主人に何かあった時は残りのローンは安心ですし、生命保険の設定金額も減らせるので、大変満足しています。一つだけ小さな後悔を上げるとすれば、友人宅の新築のお祝いに伺った時ですね。ほんの一瞬だけですけど。

中古住宅に対するリフォームと費用面のメリット

住宅物件に対しては、たまに工事が検討されています。長らく使い込んだ住宅に対して、それが検討される事もあるのです。
そもそも住宅は、長く使い込めば老朽化も生じるでしょう。それではあまり住み心地が良くないので、取りあえずリフォーム等を行う事例も目立ちます。そして、実はそれは住宅に関する費用にも大きく関わってくる訳です。
そもそも費用などは、住宅を購入する時にはまず間違いなく大切なポイントになります。できるだけそれを節約したいと思う事もあるでしょう。
そういった時には、中古住宅という選択肢が浮上します。少なくとも新築と比べれば、明らかに購入価格が低めなのです。
ただそのままの状態では、上記でも触れた老朽化が懸念されますから、リフォームを行うケースも多々あります。それで新築同様の状態にして、住宅に居住するケースもある訳です。新築を新規で購入する方法と比べると、かなり節約できる場合があります。
したがって費用節約を考えているなら、ちょっと中古リフォーム等を検討すると良いでしょう。

PR|http://www.yoko-kensetsu.com/present/|